過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28916問」を出題

問題

[ 設定等 ]
内服アレルギー用薬として用いられる漢方処方製剤に関する記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。使用する人の( a )と症状にあわせて漢方処方が選択されることが重要である。( b )の症状を主とする人に適すとされるものとして、十味敗毒湯、消風散、当帰飲子等が、( c )の症状を主とする人に適すとされるものとして、葛根湯加川芎辛夷、 小青竜湯、辛夷清肺湯等がある。
   1 .
a 年齢   b 皮膚   c 鼻
   2 .
a 年齢   b 皮膚   c 目
   3 .
a 年齢   b 鼻    c 皮膚
   4 .
a 体質   b 皮膚   c 鼻
   5 .
a 体質   b 鼻    c 皮膚
( 登録販売者試験 平成27年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
内服アレルギー用薬として用いられる漢方処方製剤に関する問題

a:漢方では独自の理論に基づいて体質を診断しています。年齢はあまり問題にしていません。

b:十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)・消風散(しょうふうさん)・当帰飲子(とうきいんし)はいずれも皮膚疾患向けの内服漢方薬です。

c:葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)・小青竜湯(しょうせいりゅうとう)・辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)はいずれも鼻症状の緩和に用いられる内服漢方薬です。特に辛夷清肺湯は慢性の症状に用いられています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
使用する人の( a :体質)と症状にあわせて漢方処方が選択されることが重要です。
( b:皮膚 )の症状を主とする人に適すとされるものとして、十味敗毒湯、消風散、当帰飲子等があります。
( c :鼻)の症状を主とする人に適すとされるものとして、葛根湯加川芎辛夷、 小青竜湯、辛夷清肺湯等があります。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
解答:4

漢方処方製剤は使う人の体質や症状を虚実、陰陽、気血水など独自の病態認識により分類し、決められます。

十味敗毒湯、消風散、当帰飲子などは皮膚科領域で使用されます。

葛根湯加川芎辛夷、 小青竜湯、辛夷清肺湯などは鼻の症状などに使用されます。

漢方処方製剤は副作用が少ないイメージがありますが、長期に使用する場合が多く、その間、症状の変化や間質性肺炎や肝機能障害などの重篤な副作用に注意することが必要です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。