過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28925問」を出題

問題

[ 設定等 ]
外皮用薬に用いられる抗菌成分の作用機序に関する記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
スルファジアジンは、細菌のDNA合成を阻害する。
   2 .
バシトラシンは、細菌のタンパク質合成を阻害する。
   3 .
硫酸フラジオマイシンは、細菌の細胞壁合成を阻害する。
   4 .
クロラムフェニコールは、細菌の葉酸合成を阻害する。
( 登録販売者試験 平成27年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
29
評価しない
外皮用薬に用いられる抗菌成分の作用機序に関する問題

正解ー1:スルファジアジンなどのサルファ剤は細菌のDNA合成を阻害することにより、抗菌作用を示します。

バシトラシン(2)は細菌の細胞壁合成を阻害することにより、抗菌作用を示します。

硫酸フラジオマイシン(3)・クロラムフェニコール(4)はいずれも細菌の蛋白質合成を阻害することにより、抗菌作用を示します。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
1 〇:スルファジアジンは、細菌のDNA合成を阻害します。

2 ×:バシトラシンは、細胞壁合成を阻害します。

3 ×:硫酸フラジオマイシンは、細菌のタンパク質合成を阻害します。

4 ×:クロラムフェニコールは、細菌のタンパク質合成を阻害します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。