過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28927問」を出題

問題

[ 設定等 ]
外皮用薬の使用に関する記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

外皮用薬を使用する際には、適用する皮膚表面に汚れや皮脂が多く付着していると有効成分の浸透性が( a )するため、患部を清浄にしてから使用することが重要である(水洗に限らず、清浄綿を用いて患部を清拭する等の方法でもよい)。また、表皮の( b )が柔らかくなることで、有効成分が浸透しやすくなることから、( c )に用いるのが効果的とされる。
   1 .
a 上昇   b 角質層   c 就寝前
   2 .
a 上昇   b 真皮    c 就寝前
   3 .
a 低下   b 真皮    c 就寝前
   4 .
a 低下   b 真皮    c 入浴後
   5 .
a 低下   b 角質層   c 入浴後
( 登録販売者試験 平成27年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
外皮用薬の使用に関する問題

外皮用薬を使用する際には、適用する皮膚表面に汚れや皮脂が多く付着していると有効成分の浸透性がa(低下)するため、患部を清浄にしてから使用することが重要です(水洗に限らず、清浄綿を用いて患部を清拭する等の方法でもよい)。また、表皮のb(角質層)が柔らかくなることで有効成分が浸透しやすくなることから、c(入浴後)に用いるのが効果的とされています。

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3つの部分で構成されています。角質層は表皮に見られる硬いタンパク質です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
外皮用薬を使用する際には、適用する皮膚表面に汚れや皮脂が多く付着していると有効成分の浸透性が( a :低下)するため、患部を清浄にしてから使用することが重要です(水洗に限らず、清浄綿を用いて患部を清拭する等の方法でもよい)。
また、表皮の( b:角質層 )が柔らかくなることで、有効成分が浸透しやすくなることから、( c :入浴後)に用いるのが効果的とされています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。