過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28932問」を出題

問題

[ 設定等 ]
殺菌・消毒に関する記述について、正しいものはどれか。
   1 .
クレゾール石鹸液は、結核菌を含む一般細菌類、真菌類に対して広い殺菌消毒作用を示すほか、ウイルスに対しても殺菌消毒作用を有している。
   2 .
エタノールは、微生物のタンパク質を変性させ、それらの作用を消失させることから、殺菌消毒作用を示す。
   3 .
殺菌・消毒は物質中のすべての微生物を殺滅又は除去することであり、除菌は生存する微生物の数を減らすために行われる処置である。
   4 .
手指又は皮膚の殺菌・消毒を目的とする消毒薬は、全て医薬品としてのみ製造販売されている。
( 登録販売者試験 平成27年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
27
評価しない
1 ×:クレゾール石鹸液は、結核菌を含む一般細菌類、真菌類に対して広い殺菌消毒作用を示すが、ウイルスに対しては無効です。

2 〇:エタノールは、微生物のタンパク質を変性させ、それらの作用を消失させることから、殺菌消毒作用を示します。

3 ×:殺菌・消毒は、有害性のある微生物の数を害のない程度まで減らす事で、除菌は、菌の数を減らすために行われる処置です。

4 ×:手指又は皮膚の殺菌・消毒を目的とする消毒薬は、配合成分や濃度等が予め定められた範囲内である製品については、医薬部外品として流通することが認められています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
殺菌・消毒に関する問題

正解ー2:エタノールは、アルコール分が微生物のタンパク質を変性させ、それらの作用を消失させることから、結核菌を含む一般細菌類、真菌類、ウイルスに対する殺菌消毒作用を示します。

1: クレゾール石鹸液は、結核菌を含む一般細菌類、真菌類に対して比較的広い殺菌消毒作用を示しますが、大部分のウイルスに対する殺菌消毒作用はありません。

3:殺菌・消毒・除菌は生存する微生物の数を減らすために行われる処置です。そのうち、微生物の数を害のない程度まで減らすことを消毒と定義しています。また滅菌は物質中のすべての微生物を殺滅又は除去することです。

4:手指又は皮膚の殺菌・消毒を目的とする消毒薬のうち、配合成分やその濃度等があらかじめ定められた範囲内である製品については、医薬部外品として流通することが認められています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。