過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第31605問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品の有効成分の吸収に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 有効成分が皮膚から浸透して体内の組織で作用する医薬品の場合は、浸透する量は皮膚の状態、傷の有無やその程度などによって影響を受ける。

b 一般に、消化管からの吸収は、消化管が積極的に医薬品成分を取り込む現象である。

c 錠剤、カプセル剤等の固形剤の場合、錠剤等が消化管内で崩壊して、有効成分が溶け出さなければならず、小腸で有効成分が溶出するものが大部分である。

d 内服薬の中には、服用後の作用を持続させるため、有効成分がゆっくりと溶出するように作られているものもある。
   1 .
( a )正 ( b )誤 ( c )正 ( d )誤
   2 .
( a )正 ( b )正 ( c )誤 ( d )誤
   3 .
( a )誤 ( b )誤 ( c )正 ( d )正
   4 .
( a )誤 ( b )正 ( c )正 ( d )誤
   5 .
( a )正 ( b )誤 ( c )誤 ( d )正
( 登録販売者試験 平成29年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
答:5

a:正  例えば、加齢等により皮膚のみずみずしさが低下すると、有効成分が浸潤・拡散しにくくなります。

b:誤  一般に、消化管からの吸収は、消化管が積極的に医薬品成分を取り込むのではなく、濃度の高い方から低い方へ受動的に拡散していく現象です。

c:誤  小腸ではなく、胃で有効成分が溶出するものが大部分です。

d:正  徐放性製剤といいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。