過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第31610問」を出題

問題

[ 設定等 ]
皮膚粘膜眼症候群及び中毒性表皮壊死融解症に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 皮膚粘膜眼症候群は、38℃以上の高熱を伴って、発疹・発赤、火傷様の水疱等の激しい症状が比較的短時間のうちに全身の皮膚、口、眼等の粘膜に現れる病態である。

b 中毒性表皮壊死融解症は、最初に報告した二人の医師の名前にちなんでスティーブンス・ジョンソン症候群とも呼ばれており、その発生頻度は人口100万人当たり年間1~6人と報告されている。

c 皮膚粘膜眼症候群と中毒性表皮壊死融解症は、いずれも発症機序の詳細が明確にされており、発症を予測することが可能となっている。

d 皮膚粘膜眼症候群と中毒性表皮壊死融解症は、いずれも原因医薬品の使用開始後2週間以内に発症することが多いが、1ヶ月以上経ってから起こることもある。
   1 .
( a )誤 ( b )正 ( c )誤 ( d )誤
   2 .
( a )誤 ( b )誤 ( c )正 ( d )正
   3 .
( a )正 ( b )誤 ( c )誤 ( d )正
   4 .
( a )正 ( b )正 ( c )誤 ( d )誤
   5 .
( a )誤 ( b )誤 ( c )正 ( d )誤
( 登録販売者試験 平成29年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
22
評価しない
b この文は皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)に関する記述ですので、誤りです。
c 現在、発症の詳細は解明されておらず、発症予測は難しいため注意が必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
答:3

a:正  皮膚粘膜眼症候群はスティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)とも呼ばれます。

b:誤  中毒性表皮壊死融解症は最初に報告をした医師の名前にちなんでライエル症候群とも呼ばれ、発生頻度は、人口100万人当たり年間0.4~1.2人と報告されています。

c:誤  いずれも発症機序の詳細は不明であり、発症の予測は困難です。

d:正  いずれもが発生は非常にまれであるとはいえ、一旦発症すると致命的な転帰をたどることがありますので、両眼に現れる急性結膜炎や、皮膚や粘膜の変化などの症状が現れたときは、直ちに皮膚科の専門医を受診する必要があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。