過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第31632問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品の販売方法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 配置販売業において、医薬品を先用後利によらず現金売りを行うことは配置による販売行為に当たらないため認められない。

b 医薬品を懸賞や景品として授与することは、サンプル品( 試供品 )を提供するような場合を除き、原則として認められない。

c 医薬品と一緒にキャラクターグッズ等の景品類を提供して販売することはいかなる場合でも認められない。

d 効能効果が重複するような医薬品を組み合わせて販売又は授与することは、購入者の利便性を高めるため推奨されている。
   1 .
( a、b )
   2 .
( a、c )
   3 .
( a、d )
   4 .
( b、c )
   5 .
( b、d )
( 登録販売者試験 平成29年度 薬事に関する法規と制度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
常識的問題ですが、比較的頻出問題です。
c が誤りで、よく薬品のキャラクターも設定され、店頭に並んでいるように、キャラクターグッズ等の景品類を提供しての販売は、不当景品類及び不当表示防止法の限度内であれば、認められています。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
解答:1

a.正
配置販売業は店頭販売等を行なうことができないため、先用後利によらず現金売りを行うことはできません。

b.正
医薬品は個々の事情に合わせて、購入者の責任のもと使用されるもので、景品などで授受されることは認められません。

c.誤
景品類が不当表示などでなければ構いません。

d.誤
効能効果が重複する飲み合わせは、副作用などの被害が出るおそれがあるため、推奨されません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。