過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第31650問」を出題

問題

[ 設定等 ]
強心薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a センソは、ヒキガエル科のシナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めたものを基原とする生薬で、有効域が比較的狭く、一般用医薬品では1日用量が5mg以下となるよう用法・用量が定められている。

b ゴオウは、ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石を基原とする生薬で、強心作用のほか、末梢血管の拡張による血圧降下、興奮を静める等の作用があるとされる。

c ロクジョウは、シカ科のジャコウジカの雄の麝香腺分泌物を基原とする生薬で、強心作用のほか、呼吸中枢を刺激して呼吸機能を高めたり、意識をはっきりさせる作用があるとされる。

d リュウノウは、ウグイスガイ科のアコヤガイ、シンジュガイ又はクロチョウガイ等の外套膜組成中に病的に形成された顆粒状物質を基原とする生薬で、鎮静作用等を期待して用いられる。
   1 .
( a )正 ( b )正 ( c )正 ( d )正
   2 .
( a )正 ( b )誤 ( c )正 ( d )誤
   3 .
( a )正 ( b )正 ( c )誤 ( d )誤
   4 .
( a )誤 ( b )誤 ( c )正 ( d )正
   5 .
( a )誤 ( b )正 ( c )誤 ( d )誤
( 登録販売者試験 平成29年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
56
評価しない
a センソ→ヒキガエル科 毒腺→一般用医薬品では1日用量5mg 以下の服用 と、連携しておぼえておきましょう。
b ゴオウ→ウシの胆嚢中に生じた結石→末梢血管拡張・血圧降下と連携して覚えておきましょう。
c これはジャコウ(麝香)に関する内容なので、誤り。シカ科のジャコウジカの雄(メスではなくオスです。この出題も多いので、あわせておぼえておきましょう)の麝香腺分泌物→呼吸中枢を刺激・意識をはっきりさせることをおぼえましょう。ロクジョウは、シカ科のマンシュウアカジカ又はマンシュウジカの雄のまだ角化していない、若しくは、わずかに角化した幼角を基原とする生薬のことです。こちらもオスなので注意してください。
d リュウノウは、フタバガキ科のリュウノウジュの樹幹の空隙に析出する精油の結晶を用いた生薬で、中枢神経系の刺激作用による気つけの効果を期待して配合されるものなので、誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
解答:3

a.正
有効域が比較的狭く、1日用量が5mgを超える製剤は劇薬となります。

b.正
ゴオウは他にも解熱作用があります。

c.誤
ロクジョウは、シカ科のマンシュウアカジカまたはマンシュウジカの雄の幼角を基原とする生薬です。強心作用の他、血行促進作用などがあります。

d.誤
リュウノウはフタバガキ科リュウノウジュの樹幹に析出する精油の結晶を基原とする生薬で、中枢神経刺激作用による気つけ効果が期待できます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。