過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第31667問」を出題

問題

[ 設定等 ]
滋養強壮保健薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a グルクロノラクトンは、米油及び米胚芽油から見出された抗酸化作用を示す成分で、ビタミンE等と組み合わせて配合されている場合がある。

b アミノエチルスルホン酸は、肝臓機能を改善する働きがあるとされる。

c システインは、骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す等の働きを期待して用いられる。

d コンドロイチン硫酸ナトリウムは、関節痛、筋肉痛等の改善を促す作用を期待してビタミンB1等と組み合わせて配合されている場合がある。
   1 .
( a、c )
   2 .
( a、d )
   3 .
( b、c )
   4 .
( b、d )
   5 .
( c、d )
( 登録販売者試験 平成29年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
36
評価しない
滋養強壮保健薬の配合成分について、
・グルクロノラクトンは、肝臓の働きを助け、肝血流を促進する働きがある糖類です。
全身倦怠感や疲労時の栄養補給を目的として配合されます。
・アミノエチルスルホン酸は、肝臓機能を改善する働きがあるとされています。
筋肉や脳、心臓、目、神経等、体のあらゆる部分に存在しており、細胞の機能が正常に働くために必要な物質です。
・システインは、アミノ酸の一種で、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかす・日焼けなどの色素沈着症、全身倦怠、二日酔い、かぶれ等の症状の緩和に用いられます。
肝臓においてアルコールを分解する酵素の活性を高める働きもあります。
・コンドロイチン硫酸ナトリウムは、関節痛、筋肉痛等の改善を促す作用を期待してビタミンB1等と組み合わせて配合されている場合があります。
軟骨組織の主成分で、軟骨成分を形成および修復する働きがあります。
となります。

よって、
aは「米油及び米胚芽油から見出された抗酸化作用を示す成分で、ビタミンE等と組み合わせて配合されている」が「肝臓の働きを助け、肝血流を促進する働きがある糖類で、全身倦怠感や疲労時の栄養補給を目的として配合されている」となり間違い。
bは問題文の通りなので正しい。
cは「骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す等」が「アミノ酸の一種で、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかす・日焼けなどの色素沈着症、全身倦怠、二日酔いかぶれ等の症状の緩和に用いられ、肝臓においてはアルコールを分解する酵素の活性を高める等」となり間違い。
dは問題文の通りなので正しい。
となるので、4が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
31
評価しない
a この文章はガンマ-オリザノールについてです。
グルクロノラクトンは、肝血流を促進し、肝臓の働きを助ける働きがあるとされています。
b 正しいです。
アミノエチルスルホン酸 つまり、タウリンのことです。
c この文章はアスパラギン酸ナトリウムについてです。システインは、皮膚におけるメラニンの生成を抑えたり、皮膚の新陳代謝を活発にしてメラニンの排出を促す、アミノ酸の一種です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。