過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第39600問」を出題

問題

[ 設定等 ]
脳や神経系の働きに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a  延髄には、心拍数を調節する心臓中枢、呼吸を調節する呼吸中枢がある。
b  末梢神経系は、随意運動、知覚等を担う体性神経系と、呼吸や血液の循環等のように生命や身体機能の維持のため無意識に働いている機能を担う自律神経系に分類される。
c  気管及び気管支は、交感神経系が活発になると収縮し、副交感神経系が活発になると拡張する。
d  局所(腋窩等)に分布するアポクリン腺を支配する交感神経線維の末端ではノルアドレナリンが神経伝達物質として放出される。
   1 .
a:正  b:正  c:誤  d:誤
   2 .
a:誤  b:正  c:正  d:正
   3 .
a:正  b:正  c:誤  d:正
   4 .
a:誤  b:誤  c:正  d:誤
   5 .
a:正  b:誤  c:正  d:誤
( 登録販売者試験 平成30年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
29
評価しない
答:3

a:正  延髄は多くの生体の機能を制御する部位ですが、さらに複雑な機能は上位の脳が制御しています。
(例えば知覚、思考、記憶などは大脳皮質が司っています)

b:正  自律神経系は、交感神経系と副交感神経系からなり、二つの神経が拮抗しながら働いています。

c:誤  気管及び気管支は、交感神経系が活発になると拡張し、副交感神経系が活発になると収縮します。

d:正  全身の汗腺(エクリン腺)ではアセチルコリンが放出され、腋窩などの汗腺(アポクリン腺)ではノルアドレナリンが放出されます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
解答:3

a.正
延髄は心拍数、呼吸、嘔吐、嚥下など生命維持に不可欠な機能を担っています。

b.正
末梢神経は、自律神経系と体性神経系に分類され、自律神経系は交感神経と副交感神経、体性神経系は知覚神経と運動神経に分類されます。

c.誤
気管支は交感神経系が活発になると拡張し、副交感神経系が活発になると収縮します。

d.正
汗腺は交感神経により支配されており、腋窩などのアポクリン腺ではノルアドレナリンが放出されていますが、全身に分布するエクリン腺ではアセチルコリンが放出されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。