過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第39622問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品の陳列若しくは配置に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a  配置販売業者は、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品を混在させないように配置しなければならない。
b  薬局開設者は、購入者の利便性等を考慮し、薬効分類が同じである第一類医薬品と要指導医薬品を、区別することなく陳列することができる。
c  薬局開設者は、要指導医薬品を薬局等構造設備規則に規定する要指導医薬品陳列区画の内部の陳列設備、かぎをかけた陳列設備、又は要指導医薬品を購入しようとする者等が直接手の触れられない陳列設備に陳列しなければならない。
d  店舗販売業者は、第三類医薬品を、薬局等構造設備規則に規定する「情報提供を行うための設備」から7メートル以内の範囲に陳列しなければならない。
   1 .
(a、b)
   2 .
(a、c)
   3 .
(b、c)
   4 .
(b、d)
   5 .
(c、d)
( 登録販売者試験 平成30年度 薬事に関する法規と制度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
b  薬局開設者は、購入者の利便性等を考慮し、薬効分類が同じである第一類医薬品と要指導医薬品を、区別されていれば同じ陳列棚に陳列可能です。

d  薬局等構造設備規則に規定する「情報提供を行うための設備」から7メートル以内の範囲に陳列しなければならないのは指定第2類医薬品です。
また、鍵をかけた陳列設備やカウンター内等の消費者が直接手の触れられない場所に陳列も可能です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
解答:2(a・c)

a:正
配置販売業者は、医薬品を他の物と区別して貯蔵し又は陳列しなければならないこととされています。

b:誤
薬局開設者又は店舗販売業者は、要指導医薬品及び一般用医薬品を陳列する場合には、区別して陳列しなければならないとされています。

c:正
要指導医薬品は、要指導医薬品陳列区画の内部の陳列設備に陳列しなければならないとされています。だだし、次の場合を除きます。
i)かぎをかけた陳列設備に陳列する場合
ii)要指導医薬品を購入しようとする者等が直接手の触れられない陳列設備に陳列する場合

d:誤
「第三類医薬品」が誤りです。正しくは「指定第二類医薬品」です。

参照:厚生労働省 試験問題の作成に関する手引き

評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
a 正しいです。
指定第二類医薬品もその対象です。

b 要指導医薬品と一般用医薬品は、混在しないように陳列する必要があります。
特に要指導医薬品や第一類医薬品は、購入者が直接手を触れることのないようにします。

c 正しいです。
要指導医薬品は、陳列設備から1.2m以内の範囲の、購入者が立ち入ることのできないところに陳列します。

d この説明は、指定第二医薬品の取り扱いについてです。
第三類医薬品には、陳列設備の指定はありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。