過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第39634問」を出題

問題

[ 設定等 ]
解熱鎮痛薬の配合成分に関する次の記述について、(   )に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

イブプロフェンは( a )の産生を( b )することで消化管粘膜の防御機能を低下させるため、消化管に広範に炎症を生じる疾患である胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎又はクローン氏病の既往歴がある人では、それらの疾患の再発を招くおそれがある。また、出産予定日12週以内の妊婦については、( c )とされている。
   1 .
a:プロスタグランジン   b:促進   c:服用してもよい
   2 .
a:プロスタグランジン   b:抑制   c:服用しないこと
   3 .
a:プロスタグランジン   b:促進   c:服用しないこと
   4 .
a:インスリン   b:促進   c:服用してもよい
   5 .
a:インスリン   b:抑制    c:服用しないこと
( 登録販売者試験 平成30年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
18
評価しない
イブプロフェンは痛みや炎症を起こすプラスタグランジンの産生を抑制し、解熱鎮痛作用を発揮します。
アスピリン等に比べて胃腸への悪影響が少なく、抗炎症作用も示すことから、頭痛、咽頭痛、月経痛(生理痛)、腰痛等に使用されることが多いです。
一般用医薬品においては、15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も使用すべきでないので注意が必要です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
プロスタグランジンは、発熱、発痛増強物質であり、胃液や胃粘液の分泌を調整したり、主として血管を拡張したりします。

イブプロフェンはプロスタグランジンの産生を抑制することで、解熱鎮痛作用をもたらしますが、その反面、胃粘液の分泌が減少して胃痛をひきおこしたりします。

心臓病、腎臓病、胃・十二指腸潰瘍、風邪薬などで喘息を起こしたことがある人は、服用に注意が必要です。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
解答:2

「イブプロフェンは( a プロスタグランジン)の産生を( b 抑制)することで消化管粘膜の防御機能を低下させるため、消化管に広範に炎症を生じる疾患である胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎又はクローン氏病の既往歴がある人では、それらの疾患の再発を招くおそれがある。また、出産予定日12週以内の妊婦については、( c 服用しないこと )とされている。」

イブプロフェン
一般用医薬品においては、15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も使用してならないとされています。

参照:厚生労働省 試験問題の作成に関する手引き

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。