過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第39651問」を出題

問題

[ 設定等 ]
泌尿器用薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a  カゴソウは、煎薬として残尿感、排尿に際して不快感のあるものに用いられる。
b  竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)は、体力中等度以上で、下腹部に熱感や痛みがあるものの排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけ(おりもの)、頻尿に適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、胃部不快感、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
c  猪苓湯(ちょれいとう)は、体力に関わらず、排尿異常があり、ときに口が渇くものの排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿、むくみに適すとされる。
   1 .
a:正  b:正  c:正
   2 .
a:誤  b:誤  c:正
   3 .
a:誤  b:正  c:正
   4 .
a:正  b:誤  c:誤
   5 .
a:誤  b:正  c:誤
( 登録販売者試験 平成30年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
a ○
カゴソウはシソ科のウツボグサの花穂を基原とする生薬です。

b ○
竜胆瀉肝湯はカンゾウが含まれるので偽アルドステロン症やほかの漢方との併用に気を付ける必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
解答:1

a:正
カゴソウ:シソ科のウツボグサの花穂を基原とする生薬です。

b:正
竜胆瀉肝湯はカンゾウを含みます。
カンゾウを大量に摂取するとグリチルリチン酸の大量摂取につながり、偽アルドステロン症を起こすおそれがあります。

c:正


参照:厚生労働省 試験問題の作成に関する手引き
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
a 正しいです。
カゴソウは、シソ科のウツボグサの花穂を基原とする生薬で、利尿作用・尿量増加の薬効があります。

b 正しいです。
竜胆瀉肝湯は、カンゾウを含みます。

c 正しいです。
猪苓湯は、排尿痛、残尿感に作用します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。