過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第39657問」を出題

問題

[ 設定等 ]
外皮用薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a  ヒドロコルチゾンは、末梢組織(患部局所)における炎症を抑える作用を示すが、副作用として、細菌、真菌、ウイルス等による皮膚感染や持続的な刺激感が現れることがある。
b  イブプロフェンピコノールは、吹き出物に伴う皮膚の発赤や腫れを抑えるほか、吹き出物(面皰(ぽう))の拡張を抑える作用があるとされる。
c  デキサメタゾンは、分子内に副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)と共通する化学構造を持たずに抗炎症作用を示す非ステロイド性抗炎症成分である。
d  カプサイシンは、創傷面に浸透して、その部位を通っている血管を収縮させることによる止血効果を期待して用いられる。
   1 .
(a、b)
   2 .
(a、c)
   3 .
(a、d)
   4 .
(b、c)
   5 .
(c、d)
( 登録販売者試験 平成30年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
a ○

b ○
イブプロフェンピコノールは、外用での鎮静作用はほとんど期待されず、ニキビ治療薬として用いられています。

c ×
デキサメタゾンは、副腎皮質ステロイド剤です。
説明はブフェキサマクやウフェナマートなどのもの。

d ×
カプサイシンは、皮膚に温感刺激を与え、末梢血管を拡張させて患部の血行を促す効果を期待して配合されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
解答:1(a、b)

a:正
ヒドロコルチゾンは、ステロイド性抗炎症成分です。

b:正
イブプロフェンピコノールは、外用での鎮痛作用はほとんど期待されず、専らにきび治療薬として用いられます。

c:誤
デキサメタゾンは、ステロイド性抗炎症成分です。
記述は、ブフェキサマク、ウフェナマートです。

d:誤
カプサイシンは、温感刺激成分です。
皮膚に温感刺激を与え、末梢血管を拡張させて患部の血行を促す効果を期待して用いられます。
記述は、ナファゾリン塩酸塩です。


参照:厚生労働省 試験問題の作成に関する手引き
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
a 正しいです。
ヒドロコルチゾンは、ステロイド性成分です。
抹消組織の免疫反応を低下させるため、皮膚感染のおそれがあり、化膿部位では症状悪化のおそれがあります。
慢性の皮膚疾患には使用せず、広範囲や長期連用は避ける必要があります。

b 正しいです。
イブプロフェンピコノールは、イブプロフェンの誘導体ですが、鎮痛作用は期待できません。

c デキサメタゾンは、ステロイド性成分です。
ヒドロコルチゾンと同様に、長期連用と慢性の湿疹には使用しません。
また、広範囲への使用は避ける必要があります。

d カプサイシンは、温感刺激成分です。
抹消血管を拡張させ血行を促進し、皮膚表面に温感刺激を与えます。
入浴1時間前には剥がす必要があり、入浴後はほてりがしずまってから貼るように注意します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。