過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

通関士の過去問 第51回(平成29年) 通関業法 問2

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の記述は、通関業法第1条に規定する同法の目的に関するものであるが、( ロ )に入れるべき最も適切な語句を下の選択肢から選びなさい。

通関業法は、通関業を営む者についてその業務の( イ )、通関士の( ロ )等必要な事項を定め、その業務の( ハ )な運営を図ることにより、関税の( ニ )その他貨物の( ホ )に関する手続の( ハ )かつ迅速な実施を確保することを目的とする。
   1 .
安定的
   2 .
運送
   3 .
確定申告
   4 .
監査
   5 .
規制
   6 .
勤務条件
   7 .
継続的
   8 .
申告納付
   9 .
性質
   10 .
設置
   11 .
通関
   12 .
手当
   13 .
適正
   14 .
賦課徴収
   15 .
保管
( 通関士試験 第51回(平成29年) 通関業法 問2 )

この過去問の解説 (2件)

評価する
2
評価しない
正解は10(設置)です。

通関業者は、通関業務を適正に行うため、原則として、その通関業務を行う営業所ごとに、政令で定めるところにより、通関士を置くことを義務づけられています。(通関業法13条)
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正答は10(設置)です。

通関業者は、通関業務を適正に行うため、原則として、その通関業務を行う営業所ごとに、政令で定めるところにより、通関士を置くことを義務づけられています。(通関業法13条)

営業所ごとに通関業務に係る貨物の数量及び種類並びに通関書類の数、種類及び内容に応じて必要な通関士を置かなければなりません。

ただし、営業において取り扱う通関業務に係る貨物が通関業の許可の条件として一定の種類の貨物のみに限られている場合は通関士の設置は不要です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この通関士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。