薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16493問 出題

問題

尿酸合成に関わる酵素を選択的に阻害する薬物はどれか。
 1 . 
コルヒチン
 2 . 
ブコローム
 3 . 
プロベネシド
 4 . 
フェブキソスタット
 5 . 
ラスプリカーゼ

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解:4

1 コルヒチンは微小管タンパク質と結合することで、微小管の形成を阻害します。

2 ブコロームはNSAIDsの一種で、尿酸排出促進作用も持ちます。

3 プロベネシドは尿酸排出促進薬です。

4 フェブキソスタットは非プリン型キサンチンオキシダーゼ阻害薬です。キサンチンオキシダーゼとは尿酸合成に関わる酵素で、これを選択的に阻害することで効果を表します。

5 ラスプリカーゼは遺伝子組換え尿酸オキシダーゼであり、主に癌化学療法に伴う高尿酸血症の治療に用いられます。
評価後のアイコン
2017/05/19 12:06
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1、コルヒチンは白血球(特に好中球)の尿酸結晶への遊走を阻止することにより、好中球からの炎症性物質の放出を抑え、痛風発作を予防します。

2、ブコロームは尿酸排泄促進薬です。

3、プロベネシドは尿酸排泄促進薬です。

4、フェブキソスタットはキサンチンオキシダーゼを阻害し、尿酸合成を抑制します。

5、ラスプリカーゼは尿酸の分解酵素です。人にはない尿酸オキシダーゼを遺伝子組み換え尿酸オキシダーゼでアラントインにまで分解し尿中排泄させることで、高尿酸血症を改善します。

よって回答は4となります。
評価後のアイコン
2014/11/27 01:03
ID : sbsbrdfeu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。