過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 必須問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

急性前骨髄球性白血病について正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
フィラデルフィア染色体が形成される
 2 . 
CD 20 抗原が認められる
 3 . 
転座染色体 t (8:22) が認められる
 4 . 
PML-RARα 融合遺伝子が認められる
 5 . 
BRCA1 遺伝子に変異が認められる
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【4】

1.フィラデルフィア染色体は慢性骨髄性白血病と一部の急性リンパ性白血病です。

2.CD20抗原が認められるのは慢性リンパ性白血病と大部分のB細胞性リンパ腫です。

3.転座染色体t(8:22)が認められるのはバーキットリンパ腫の8割、一部の急性リンパ性白血病や多発性骨髄腫です。急性前骨髄球性白血病では転座染色体t(15:17)です。

4.第17番染色体にあるレチノイン酸受容体α遺伝子(RARα)が第15番染色体にあるPML遺伝子の下に移動して作られるのがPML-RARα融合遺伝子です。急性前骨髄球性白血病に認められます。

5.BRCA1遺伝子の変異は遺伝性乳癌卵巣癌症候群に見られます。

2016/09/01 22:37
ID : ukamahrst
0

正解【4】
1.フィラデルフィア染色体が形成されるのは、慢性骨髄性白血病および急性リンパ性白血病です。よって不正解です。

2.CD 20 抗原が認められるのは、B細胞性の悪性リンパ腫です。よって不正解です。

3.転座染色体 t (8:22) が認められるのは、バーキットリンパ腫です。よって不正解です。

4.この記述が正解です。急性前骨髄球性白血病は、第15番染色体の一部と第17番染色体の転座がおこります。その際、第17番染色体にあるレチノイン酸受容体α遺伝子(RARα)が第15番染色体にあるPML遺伝子の移動でPML/RARα融合遺伝子が作られます。

5.BRCA1 遺伝子に変異が認められるのは、遺伝性乳がんや卵巣がんの発生リスクを高くするがん抑制遺伝子です。よって不正解です。

2015/01/10 21:46
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。