過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(物理・化学・生物、衛生、法規・制度・倫理)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

以下の記述は日本薬局方アスピリンの定量法に関するものである。

「本品を乾燥し、その約 1.5 g を精密に量り、0.5mol / L 水酸化ナトリウム液 50 mLを正確に加え、二酸化炭素吸収管(ソーダ石灰)を付けた還流冷却器を用いて10分間穏やかに煮沸する
冷後、直ちに過量の水酸化ナトリウムを0.25mol / L 硫酸で滴定する(指示薬:フェノールフタレイン試液3滴)。同様の方法で空試験を行う。

定量法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
ただし、アスピリンの分子量は180.16である。

 1 . 
「精密に量る」とは、指示された数値の質量をその桁数まで量ることを意味する。
 2 . 
下線部の操作は、アスピリンの加水分解反応(けん化)を促進するために行う。
 3 . 
空試験により、空気中の二酸化炭素が0.5mol / L 水酸化ナトリウム液に溶け込んだ影響を補正することができる。
 4 . 
0.25 mol / L 硫酸の代わりに0.5 mol / L塩酸で同様の操作を行うと( ア )に示した対応量は2倍になる。
 5 . 
( ア )に入る数値は 90.08 である。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【2,3】

1.説明文は「正確に測る」の説明です。

2.正解です。

4.硫酸は二価、塩酸は一価なので、このそれぞれの濃度であれば、対応量は変わらない。

5.構造式から考えて、アスピリン1分子に対し、水酸化ナトリウム2分子が反応します。0.5mol/Lの1mlは0.5mmolなので、アスピリンは0.25mmolです。

0.25mmol×180.16=45.04mgとなります。

2016/09/03 23:40
ID : ukamahrst
-1

正解【2・3】

1.精密に測るということは、約1.5gとは使いません。0.1mgなどの単位で測定します。

2.正しい記述です。アスピリンの加水分解反応より中和反応より遅いので、煮沸を用います。

3.正しい記述です。

4.操作を行い反応が変わっても、対応量は変化しません。

5.アスピリンの構造でCOOHとエステルがNaOHと反応します。その割合としてアスピリン:NaOH=2:1になります。
よって、アの求める式は180.16(アスピリンの分子量)×0.25mol/L(水酸化Na)
45.04となります。

2015/01/22 22:49
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。