薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16555問 出題

問題

電気泳動法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
イオン性物質の移動速度は電場の強さに比例する。
 2 . 
SDS - ポリアクリルアミドケル電気泳動では、タンパク質は陽極から陰極に向かって泳動される。
 3 . 
SDS - ポリアクリルアミドケル電気泳動では、ゲルの濃度が高いほど、タンパク質の移動度が大きくなる。
 4 . 
等電点電気泳動では、電極間に pH 勾配を形成させてタンパク質の分離を行う。
 5 . 
アガロースゲル電気泳動で DNA を分離するには、試料に臭化エチジウムを加える必要がある。
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
正解:1.4
 
1 イオン性物質の移動速度はイオンの電荷、電場の強さに比例します。また、溶媒の粘度、イオン半径、電極間の距離には反比例します。

2 SDS - ポリアクリルアミドケル電気泳動ではタンパク質は負に帯電した状態で泳動されます。よって陰極から陽極に向かって泳動されます。

3 SDS - ポリアクリルアミドケル電気泳動では、ゲルの濃度が高いほど、タンパク質の移動度は小さくなります。

4 等電点電気泳動では、電極間に pH 勾配を形成させてタンパク質の分離を行います。等電点より酸性側のpHでは陰極に泳動し、等電点より塩基性側のpHでは陽極に泳動します。

5 臭化エチジウムは泳動されたバンドを検出するために用いる核酸染色剤です。
評価後のアイコン
2017/08/14 11:00
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【1,4】

1.移動速度はイオンの電荷、電圧(電場の強さ)に比例し、溶媒の粘度、イオンの半径、電極間の距離に反比例する。

2.SDS-PAGEでは、タンパクがSDSに取り囲まれて負の電荷を帯びるため、陽極へ向かって動きます。

3.ゲルの濃度が上がると粘度が上がるので、1.より速度は下がります。

4.等電点電気泳動はpH勾配による分離をする方法です。

5.臭化エチジウムはDNAの検出のために必要ですが、分離するために必要というわけではありません。
評価後のアイコン
2016/09/04 00:32
ID : ukamahrst
評価する
0
評価しない
正解【1・4】

1.正しい記述です。

2.タンパク質は、陽極に向かって移動します。
SDSが結合することで、一時的にマイナスの荷電を持たせるので、陽極にひきつけられると考えられます。

3.ゲルの濃度が高いほど、タンパク質の移動度は小さくなります。濃度が高くなると分子量は小さくなり通過することが早くなります。よって移動するのが大きくなります。

4.正しい記述です。

5.臭化エチジウムは蛍光試薬です。これを紫外線を用いて照らすことによりDNAの量を確認できます。DNAを分離することではありません。
評価後のアイコン
2015/01/24 20:29
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。