薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16556問 出題

問題

次の記述は、酸が混在する中性医薬品の純度試験に関するものである。
以下の試験から求められる酸の残存量は、硫酸に換算して何%以下か。最も近い値を1つ選べ。
ただし、硫酸の分子量を98.08とする。

「本品5.0 g を新たに煮沸して冷却した水 50 mL に溶かし、フェノールフタレイン試液 3 滴及び、0.01mol / L 水酸化ナトリウム液 0.60 mL を加えるとき、液の色は赤色である。」
 1 . 
0.006
 2 . 
0.012
 3 . 
0.12
 4 . 
0.3
 5 . 
0.6

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
正解:1

0.01mol/L水酸化ナトリウム液0.6mLは6.0×10-6mol/Lです。

H2SO4+2NaOH=Na2SO4+2H2Oより硫酸1molは水酸化ナトリウム2molと反応します。

よって、硫酸は3.0×10-6mol/L反応します。
対応する硫酸の量は
3.0×10-6×98.08=2.9424×10-4gとなります。
これより、残存する酸の量は
2.9424×10-4÷5.0×100
=0.58848×10-2
≒0.006

よって選択肢1が正解となります。
評価後のアイコン
2017/08/15 01:03
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【1】

本品5gに硫酸換算でy%残っているとすると、
5g×(y%/100)×(1/98.08)≒5y×10-4mol

水酸化ナトリウムは
0.01mol/L×0.6×10-3=6×10-6

硫酸は2価、水酸化ナトリウムは1価なので、

2×5y×10-4≦6×10-6

y≦6×10-3=0.006
となります。
評価後のアイコン
2016/09/04 00:54
ID : ukamahrst
評価する
0
評価しない
正解【1】

設問の末に液は赤色であるので、中和していると考えます。

硫酸5g中の物質量は、
5g×1/100(g)×1/98.08

硫酸の分子量を大体で表し計算しやすくします。
98.08≒100
よって、
5g×1/10000
5g×1/10-3 (mol)
となります。

0.01mol/Lの水酸化Na液0.06mlをmolの計算すると、
1Lの中に0.0006mol含まれます。
設問の水酸化Naは、
6×10-6(mol)
となります。

よって硫酸と水酸化ナトリウムの関係の式は、
1×10-3×X=6×10-6
X=0.006

よって硫酸は、0.006以下となります。
評価後のアイコン
2015/01/24 22:43
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。