過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(物理・化学・生物、衛生、法規・制度・倫理)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

強心配糖体ジギトキシンに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
アグリコンであるジギトキシゲニンはイソプレノイド経路で生合成される。
 2 . 
構成糖は、2,6-ジデオキシ糖のD-ジギトキソースである。
 3 . 
17位にβ,γ-不飽和5員環ラクトンが結合したカルデノリド類である。
 4 . 
ステロイド骨格のA/B環、B/C環、及びC/D環はいずれも trans 配置である。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【1・2】
1.正しい記述です。ジギトキシゲニンはイソプレノイド(メバロン酸)経路で生合成されています。

2.正しい記述です。問題の構造図通り、デオキシ糖だとわかります。

3.β,γ-不飽和ではなく、α,β不飽和です。

4.通常のステロイドの構造とは異なる特徴を持ちます。B/Cはtrans、C/Dはcisの配置です。

2015/03/01 19:49
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。