薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16570問 出題

問題

ヒトにおける脂肪酸の代謝に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選ベ。
 1 . 
マロニルCoAは、アセチルCoAのカルボキシル化により生成する。
 2 . 
炭素数が奇数の脂肪酸が主に生合成される。
 3 . 
デサチュラーゼ(不飽和化酵素)による反応では、主にトランス型の不飽和脂肪酸が生合成される。
 4 . 
オレイン酸からアラキドン酸が生合成される。
 5 . 
脂肪酸のβ酸化では、アシルCoAが2炭素単位ずつ連続的に酸化分解される。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
1.正しい記述です。

2.炭素数は、2ずつ増えていくので偶数です。奇数でありません。

3.不飽和化酵素は、シス型を合成します。トランス型ではありません。

4.アラキドン酸は、n-6系の多価不飽和脂肪酸でリノール酸から合成されます。またオレイン酸は、n-9系の1価不飽和脂肪酸です。リノール酸とは合成できません。これによりオレイン酸からアラキドン酸は合成できないので誤りです。

5.正しい記述です。
評価後のアイコン
2015/03/01 20:27
ID : zgrptkxfgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:1.5

1 マロニルCoAは、アセチルCoAのカルボキシル化(=炭酸固定反応)により生成します。
この反応には、ビオチンが補酵素として使われます。

2 炭酸固定反応では、脂肪酸は炭素数が2個ずつ伸張していきます。
よって炭素数が偶数個の脂肪酸が合成されます。

3 デサチュラーゼにより、シス型の不飽和脂肪酸が合成されます。

4 ヒト体内では、オレイン酸からアラキドン酸は合成できません。
リノール酸を原料として合成されます。

5 脂肪酸のβ酸化では、アシルCoAのβ位を酸化することで、2炭素単位ずつ酸化分解していきます。
評価後のアイコン
2017/06/13 01:45
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。