薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16573問 出題

問題

染色体及びDNAに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
ヒストンの化学修飾により、クロマチンの構造が変化する。
 2 . 
転写が活発に行われている染色体の領域では、ヌクレオソームが凝縮している。
 3 . 
DNAは、RNAに比べてアルカリ加水分解を受けやすい。
 4 . 
真核細胞の染色体末端にあるテロメアは、DNA末端の保護に寄与する。
 5 . 
DNA水溶液(pH7.0)は、280nmで吸収極大を示す。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解【1・4】
1.正しい記述です。

2.ヌクレオソームは、ヒストンにDNAが巻きついている領域をいいます。凝縮してはいません。

3.DNAはアルカリに安定します。RNAは、酸化され易い2’-OH基があるので、加水分解をし易い特徴をもっています。

4.正しい記述です。

5.DNAは、260nmで吸収極大を持ちます。280nmではありません。
評価後のアイコン
2015/03/01 20:32
ID : zgrptkxfgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:1.4

1 ヒストンは、DNAと結合することで、クロマチン構造を形成しています。
このヒストンが修飾されると、ヒストンとDNAの親和性が緩くなり、クロマチンがユークロマチンへと変化します。

2 ヌクレオソームが集まっているクロマチンを、ヘテロクロマチンと言いますが、このヘテロクロマチンは転写活性は低いので、誤りです。
活性が高いのは、ユークロマチンです。

3 RNAの方がアルカリ加水分解を受けやすくなっています。
RNAが2´位に酸化されやすい水酸基を持つためです。

4 テロメアは、DNA末端の保護に関与しています。
また細胞分裂のたびに、テロメアは減少していきます。

5 DNAは260nmで吸収極大を示します。
構造中にプリン塩基とピリミジン塩基を持つためです。
評価後のアイコン
2017/06/13 22:22
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。