薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16574問 出題

問題

真核細胞におけるメッセンジャーRNA(mRNA)に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
3’末端に付加されるポリ(A)(ポリアデニル酸)は、mRNAの安定性に関与する。
 2 . 
多くの遺伝子において、ポリ(A)の付加に関与するシグナル配列が存在する。
 3 . 
5’末端のキャップ構造は、転写開始反応に関わる。
 4 . 
核内低分子リボ核タンパク質(snRNP)は、スプライシングに関与する。
 5 . 
スプライシングにより、1つの遺伝子から複数種のmRNAがつくられることがある。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:3

1 ポリ(A)とキャップ構造により、mRNAの分解を防いでいます。

2 多くの遺伝子には、ポリ(A)の付加に関与するシグナル配列が存在し、それを目印に、ポリアデニル酸ポリメラーゼによって、ポリ(A)が付加されます。

3 5’末端のキャップ構造は、転写ではなく翻訳開始反応に関わっています。

4 核内低分子リボ核タンパク質(snRNP)は、イントロン部分に結合し、スプライシングに関与しています。

5 スプライシングでは、一つの遺伝子から複数のmRNAを作ることができます。これを選択的スプライシングと言います。
これにより多様なタンパク質を作ることが可能となっています。
評価後のアイコン
2017/06/13 22:29
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【3】
キャップ構造の付加反応は、転写後に関係しています。よって、転写開始反応には関係しません。
評価後のアイコン
2015/03/01 20:40
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。