過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(物理・化学・生物、衛生、法規・制度・倫理)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

1950年代後半、F.M.バーネットは、多様な抗原に対して特異的な免疫応答が起こるしくみを説明するためにクローン選択説を提唱した。
クローン選択説の内容に合致する記述はどれか。2つ選べ。

 1 . 
リンパ球の抗原受容体の多様性は、受容体ポリペプチド鎖がさまざまな抗原を鋳型として、それぞれに特異的な折りたたまれ方をすることで生み出される。
 2 . 
個体発生の段階で多様なリンパ球クローンが生成し、その中から特定の抗原と結合する受容体をもつクローンが選択され増殖する。
 3 . 
ある抗原に反応するリンパ球は、その抗原とは異なる抗原に結合する抗体を分泌する細胞に分化する。
 4 . 
自己成分に強く反応するリンパ球クローンは、免疫系が未成熟な時期に周囲の自己成分と接触することにより除去される。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【2・4】
クローン選択説とは、高等動物は抗原の侵入に対して抗体を産生し、その産生された抗体は,抗原に対して特異性をもつことがいわれています。
①個体発生時には抗原に特異的に反応する細胞のクローンがバラバラに生じます。
②自己抗原に対応したクローンは削除され、外来抗原はクローンのみが残るようになります。
③また外来抗原は生体に侵入し、特異的クローンを選択して細胞を増殖させます。

これらのクローン選択説から2・4の選択肢が当てはまります。

2015/03/01 20:53
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。