薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16577問 出題

問題

インフルエンザウイルスに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
インフルエンザウイルスは、遺伝子としてRNAをもち、レトロウイルス科に分類される。
 2 . 
A型インフルエンザウイルスに含まれる赤血球凝集素(ヘマグルチニン)とノイラミニダーゼは、エンベロープに存在しスパイク構造物(突起)を構成する。
 3 . 
赤血球凝集素は、増殖した子孫ウイルスが感染細胞から離脱を促進させる。
 4 . 
ノイラミニダーゼは、ウイルスが宿主細胞に感染するときに、細胞表面の受容体認識及び結合に関わる。
 5 . 
赤血球凝集素及びノイラミニダーゼには、それぞれ抗原性の異なる複数の種類が知られる。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:2.5

1 インフルエンザウイルスは、遺伝子としてRNAを持ち、オルトミクソウイルス科に分類されます。

2 A型インフルエンザウイルスにはHAとNAのタンパク質があり、これらが宿主細胞への吸着や進入に関与しています。

3 赤血球凝集素は、ウイルスが細胞に進入する際に必要なタンパク質です。
子孫ウイルスが感染細胞から離脱を促進させるのは、ノイラミニダーゼです。

4 ノイラミニダーゼは、インフルエンザウイルスの自己複製に必要な酵素です。
細胞表面の受容体認識及び結合に関わるのは、赤血球凝集素です。

5 赤血球凝集素は16種類、ノイラミニダーゼは9種類の亜型に分類されます。
評価後のアイコン
2017/06/16 18:39
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.インフルエンザウイルスは、RNAを持つオルトミクソウイルス科に分類されます。レトロウイルス科ではありません。

2.正しい記述です。

3.赤血球凝素は、宿主の細胞表面に存在するシアル酸等のウイルス受容体と結合します。よって、増殖した子孫ウイルスが感染細胞から離脱するのを促進させるというのは、誤りです。

4.ノイラミニダーゼは、赤血球凝集素とその細胞表面に存在するウイルス受容体との結合を外して凝集素を防ぎウイルスの出芽・遊離を促進します。

5.正しい記述です。
評価後のアイコン
2015/03/01 20:56
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。