過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(物理・化学・生物、衛生、法規・制度・倫理)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

油脂の変質試験法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

試験操作
試料油脂 約1g を共栓つき三角フラスコに精密に量りとり、酢酸・クロロホルム (3:2) 混液 25mL に溶かす。

フラスコ内の空気を窒素ガスで置換し、飽和ヨウ化カリウム溶液 1mL を加えてよく振り混ぜる。
暗所で 10 分間放置後、水 30 mL を加えてよく振り混ぜ、デンプン試液を指示薬として、0.01 mol / Lのチオ硫酸ナトリウム溶液で滴定する。

 1 . 
滴定の終点では溶液が淡黄色から青紫色に変化する。
 2 . 
主に油脂中のアルデヒド類が反応する。
 3 . 
指標の値は、油脂1kgあたりで表す。
 4 . 
指標の値は、変質の進行に伴い減少する。
 5 . 
指標の値は、変質の進行に伴い初めは増加するが、その後減少する。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【3・5】

1.滴定の始点では溶液は、淡黄色です。ヨウ素がチオ硫酸ナトリウムに還元されるために、色が青紫色に変化します。よって設問は色が逆となります。

2.油脂(RーH)から過酸化物(R-OOH)そして、アルデヒド(R-CHO)に変化します。
油脂のアルデヒド類に反応はしないといえます。

3.正しい記述です。

4.指標の値つまり過酸化物価は、変質の進行に比例して減少するのではなく、始めは上昇しますが、半ばから徐々に減少する特徴を持っています。

5.正しい記述です。

2015/02/25 23:58
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。