過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(物理・化学・生物、衛生、法規・制度・倫理)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

下表は、喫煙と疾病羅患の要因対照研究の結果を示したものである。この結果に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
ただし、交絡因子、喫煙中断者、追跡不能者はないものと仮定する。

 1 . 
相対危険度が最も高い疾病は慢性気管支炎である。
 2 . 
寄与危険度が最も高い疾病は虚血性心疾患である。
 3 . 
オッズ比が最も高い疾病は肝硬変である。
 4 . 
喫煙と疾病罹患の関連性が最も強い疾病は肺がんである。
 5 . 
喫煙をやめると、罹患しなくなると想定される人数が最も多い疾病は肺がんである。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【2・4】
1.相対危険度の計算式は、暴露群の発生率÷非暴露群の発生率です。
慢性気管支炎の相対危険度を計算すると、
153/10000÷85/10000 ≒0.18です。
肺がんの相対危険度は、
413/10000÷115/10000≒3.59
よって相対危険度が最も高い疾病は慢性気管支炎ではありません。

2.正しい記述です。

3.この要因対照研究では、オッズ比を算出することができません。

4.正しい記述です。

5.喫煙をやめると、罹患しなくなると想定される人数が最も多い疾病は肺がんではありません。
寄与危険度が一番大きくなる虚血性心疾患だと考えられます。

2015/03/01 23:50
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。