薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16590問 出題

問題

図は、ある被検化合物について、ネズミチフス菌(Salmonella enterica serover Typhimurium)のTA100株を用いて Ames 試験を行った結果である。
この実験に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
ネズミチフス菌のTA100株は、ヒスチジン要求性である。
 2 . 
復帰変異部位のDNA配列は、野生株の当該部位のDNA配列と常に同一である。
 3 . 
被検化合物は、塩基対置換型の変異原性を示す。
 4 . 
S9mix は、動物の肝可溶性画分にNADPH などの補酵素類を加えたものである。
 5 . 
被検化合物の S9 mix による代謝産物は、変異原性を示さない。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:1.3

1 ネズミチフス菌のTA100株は、ヒスチジン要求性です。

2 復帰変異部位のDNA配列が、野生株の当該部位のDNA配列と常に同一であるとは限りません。
変異株の復帰変異部位のDNA配列は、野生株のものと同一ではないものがほとんどです。

3 Ames 試験では、使用する菌によって、フレームシフト型と塩基対置換型の遺伝子変異を検出することができます。

4 S9mixは、ラットの肝ミクロソーム分画にNADPHなどの補酵素類を加えたものです。

5 S9 mixでは、化合物濃度が高くなるに従って、コロニー数も2倍以上増加しているため、変異原性があると判定できます。
評価後のアイコン
2017/06/20 17:29
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【1・3】
1.正しい記述です。Ames 試験は、His-(要求性)の数がHis (非要求性)に変化することで、自然変異などを目的とした試験です。

2.復帰変異部位のDNA配列は、塩基が置換されるといった変化みられるので、同一ではないと考えられます。

3.正しい記述です。

4.S9mix は、動物の肝可溶性画分の他にミクロソーム画分もあります。

5.S9mixでも復帰変異コロニー数が増加します。
評価後のアイコン
2015/02/18 23:07
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。