薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16591問 出題

問題

メタロチオネインに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
分子量は6,000~7,000で、280 nm に極大吸収をもつ。
 2 . 
カドミウムや無機水銀により発現が誘導される。
 3 . 
亜鉛やカドミウムなどの2価の金属とは結合するが、1価や3価の金属とは結合しない。
 4 . 
重金属に結合し、その毒性を軽減するだけでなく、活性酸素種を消去する作用ももつ。
 5 . 
生理的条件下で、大部分は金属を結合していない遊離型の状態で存在する

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:2.4

1 280nmでの吸収極大は、一般に芳香族アミノ酸に由来しますが、メタロチオネインには芳香族アミノ酸が含まれないため、この領域での吸収は示しません。

2 メタロチオネインは、カドミウムや無機水銀により、発現が誘導されます。
これは重金属の障害性に対する防御因子として、メタロリオネインが働くためです。

3 メタロチオネインは、1価や3価の金属と結合し、その毒性を軽減します。

4 メタロチオネインは、ストレスや活性酸素種の消去にも関与しています。

5 生理的条件下では、メタロチオネインの大部分は、重金属と結合した状態で存在しています。
評価後のアイコン
2017/06/20 17:35
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【2・4】

1.メタロチオネインの分子量は6000~7000ですが、芳香族アミノ酸を含まないので、280nmの吸収はみられません。

2.正しい記述です。

3.結合出来る金属種はd軌道に電子を10個含む金属種は、亜鉛、カドミウム、鉛、銀、水銀、ビスマス等があります。よって1価のAg+は結合できます。

4.正しい記述です。

5.生理的条件下では、金属を結合している状態で存在します。遊離型で存在はしません。
評価後のアイコン
2015/02/18 23:25
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。