薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16609問 出題

問題

アドレナリン作動薬の基本骨格に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
基本骨格はフェニルエチルアミンである。
 2 . 
芳香環とアミノ基の間に炭素原子が3個存在する場合に、最も強いアドレナリン受容体刺激作用を示す。
 3 . 
アミノ基に結合しているアルキル置換基が大きいほど、アドレナリンβ受容体刺激作用が強い。
 4 . 
芳香環の3,4位にヒドロキシ基がつくことで、アドレナリンα及びβ受容体刺激作用は最大となる。
 5 . 
芳香環のヒドロキシ基がなくなると、中枢作用が強くなる。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:2

1 アドレナリン作動薬の基本骨格は、フェニルエチルアミンです。

2 最も強いアドレナリン受容体刺激作用を示すのは、芳香環とアミノ基の間に炭素原子が2個存在する場合です。

3 大きな置換基が付くほどβ受容体への特異性が増すので、β刺激作用が強くなります。

4 芳香環の3,4位にヒドロキシ基がつくことで、アドレナリンα及びβ受容体刺激作用が増強されます。

5 芳香環のヒドロキシ基がなくなることで、脂溶性が高まるため、血液脳関門を通過しやすくなります。
そのため、中枢作用が強くなります。
評価後のアイコン
2017/06/22 21:21
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【2】
芳香環とアミノ基の間に炭素原子が2個存在する場合に、最も強いアドレナリン受容体刺激作用を示します。よって、3個が誤りです。
評価後のアイコン
2015/03/08 21:22
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。