過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(薬理、薬剤、病態・薬物治療)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

痛みの治療に用いられる薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
トラマドールは、Ca2+ チャネルを直接遮断して、グルタミン酸の過剰放出を抑制する。
 2 . 
フェンタニルは、ノルアドレナリンの再取り込みを促進して、下行性の痛覚抑制系を活性化する。
 3 . 
プレガバリンは、オピオイドμ受容体を刺激して、上行性の痛覚伝導系を抑制する。
 4 . 
メキシレチンは、Na + チャネルを遮断して、知覚神経軸索における興奮伝導を抑制する。
 5 . 
ゾルミトリプタンは、セロトニン 5-HT1B 及び 5-HT1D 受容体を刺激して、脳血管を収縮させる。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【4・5】

1.トラマドールは、オピオイド受容体の中のμ受容体を刺激し、かつセロトニン・ノルアドレナリンの再取り込みを阻害する薬剤です。

2.フェンタニルは、オピオイドμ受容体に選択的に作動するピペリジン系の薬剤です。

3.プレガバリンは、α2δと結合し、神経シナプスのカルシウム流入が低下させ、興奮性神経伝達物質の放出が抑制するGABA誘導体です。

4.正しい記述です。

5.正しい記述です。

2015/03/09 18:10
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。