過去問.com
過去問.com  >   薬剤師 過去問  >   過去問題 一覧  >   薬剤師 過去問 第99回 一覧  >   薬学理論問題(薬理、薬剤、病態・薬物治療) 問題16620
問題

薬剤師 過去問
薬学理論問題(薬理、薬剤、病態・薬物治療) 問題16620

非ステロイド性抗炎症薬及び解熱鎮痛薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
セレコキシブは、シクロオキシケナーゼ(COX)-2を選択的に阻害するため、血栓塞栓症のリスクは低い。
 2 . 
メフェナム酸は、成人ぜん息患者のぜん息発作を誘発することはない。
 3 . 
アスピリンは、水痘やインフルエンザに感染している小児にライ(Reye)症候群を起こすことがある。
 4 . 
ロキソプロフェンは、消化管障害の軽減を目的としたプロドラッグである。
 5 . 
アセトアミノフェンは、COX-1及びCOX-2を阻害するため、消化管障害が多い。
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:3.4

1 セレコキシブは、COX-2を選択的に阻害するため、胃腸障害が軽減されています。長期使用で、血栓塞栓症の発現を増加させます。

2 メフェナム酸はCOX阻害作用を持ち、気管支を収縮させ、喘息を誘発することがあります。

3 アスピリンは、ライ症候群を引き起こす可能性があるため、水痘やインフルエンザに感染している小児への投与は禁忌となっています。

4 ロキソプロフェンは、消化管障害の軽減を目的とした、プロドラッグです。

5 アセトアミノフェンには、ほとんどCOX阻害作用はありません。そのため、消化管症状は少なくなっています。

2017/06/27 23:01
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解【3・4】

1.セレコキシブは、COX(シクロオキシゲナーゼ)-2選択的阻害作用を持ちます。長期使用で心血管障害の発症リスクを高めることから、血栓塞栓症のリスクは低いとはいえません。

2.メフェナム酸はフェナム酸系のNSAIDsですので、成人ぜん息患者のぜん息発作を誘発することはないとはいえません。

3.正しい記述です。

4.正しい記述です。

5.アセトアミノフェンは、COX阻害作用を持ちます。消化管の刺激が弱いので、消化管の障害が少ないです。

2015/03/13 21:20
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。