過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(薬理、薬剤、病態・薬物治療)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

22歳男性。小児期より、インスリンの皮下注射を毎朝施行していたが就職し、生活が不規則になっていた。
その男性がある朝、倒れているのが発見された。意識不鮮明。呼びかけに答えない。
血圧 90 / 60 mmHg、呼吸数 20 / 分 、脈拍 100 / 分整。
尿カテーテルを挿入し尿検査したところ、尿糖(+++)、タンパク(+)、ケトン体(+++)だった。

動脈血液ガス分析を施行した時のpH の値に最も近いと考えられるのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
8
 2 . 
7.6
 3 . 
7.4
 4 . 
7.2
 5 . 
6
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解【4】
この22歳の男性は、
・糖尿病の既往
・尿検査からケトン体が(+++)
・血圧 90 / 60 mmHg ↓
・脈拍 100 / 分整 ↑
・意識障害
上記から糖尿病性ケトアシドーシスであると考えられます。
ケトアシドーシスは、体内の血液は酸性に傾いた状態です。正常の血液pHは7.40±ですが、ケトアシドーシスの場合は、酸性になるので7.35より低い数値になります。しかし、人間の血液は緩衝系の作用を備わっている為にpHが1以上変動しないよう調節しています。
これらから選択肢4の7.2が正解となります。

2015/03/27 22:32
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。