薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16680問 出題

問題

56歳男性。身長165cm、体重63kg。直腸がんと診断され、フルオロウラシル・ホリナートカルシウム・イリノテカン塩酸塩水和物療法(FOLFIRI)とセツキシマブ(遺伝子組蕊換え)製剤との併用療法が開始された。
図は、動物細胞の構造を模式的に表したものである。セツキシマブの標的分子である上皮増殖因子受容体(EGFR)の細胞における局在について、正しい場所を示しているのはどれか。1つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
1
 2 . 
2
 3 . 
3
 4 . 
4
 5 . 
5

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:5

EGFR受容体は、細胞膜表面上に発現しています。
細胞内にある受容体には、ステロイドホルモン受容体や、ビタミンD受容体などがあります。
評価後のアイコン
2017/07/21 02:21
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
選択肢1: ×
核内受容体で、代表的なものはステロイド受容体です。

選択肢2: ×
小胞体上の受容体で、代表的なものはリアノジン受容体です。

選択肢3: ×
細胞質内の受容体で、代表的なものは芳香族炭化水素受容体です。

選択肢4: ×
ミトコンドリア外膜上の受容体です。

選択肢5: ⚪︎
上皮細胞因子の結合により、MAPK経路を活性化するチロシンキナーゼです。
評価後のアイコン
2015/08/21 16:52
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。