薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16695問 出題

問題

パーキンソン病の疑いで入院した患者に対し、交感神経の機能を評価するために、γ線を放出する放射性医薬品を用いて画像診断を行うことになった。
次の医薬品のうち、この画像診断で使用される放射性医薬品(核種)はどれか。1つ選べ。
 1 . 
3-ヨードベンジルグアニジン(123I)
 2 . 
過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)
 3 . 
塩化インジウム(111In)
 4 . 
クエン酸ガリウム(67Ga)
 5 . 
クリプトン(81mKr)

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
選択肢1: ⚪︎
交感神経の機能評価に使われます。

選択肢2: ×
脳障害や甲状腺疾患などの診断に使われます。

選択肢3: ×
造血骨髄などの診断に使われます。

選択肢4: ×
悪性腫瘍や炎症性疾患などの診断に使われます。

選択肢5: ×
肺機能や脳血流の検査に使われます。
評価後のアイコン
2015/09/01 09:57
ID : bvzqzwhdqj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:1

パーキンソン病の患者では、3-ヨードベンジルグアニジン(123I)が心臓に集積しづらくなる特徴があります。
そのため、これを指標として診断に用いることができます。
評価後のアイコン
2017/07/27 03:53
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。