過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(物理・化学・生物/実務、衛生/実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

パーキンソン病の疑いで入院した患者に対し、交感神経の機能を評価するために、γ線を放出する放射性医薬品を用いて画像診断を行うことになった。
γ線に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
電磁波の一種である。
 2 . 
電離放射線の中で、放射線荷重係数が最も大きい。
 3 . 
電子と衝突して消滅し、その際、別の種類の放射線が放出される。
 4 . 
医療用のプラスチック製品の滅菌に用いられる。
 5 . 
厚さ1cmのアクリル板で遮蔽できる。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
-1

選択肢1: ⚪︎
電気と磁気の両方の性質をもつ波を電磁波と言います。

選択肢2: ×
γ線とX線の係数は1、α線の係数は20です。
一番大きい係数はα線です。

選択肢3: ×
陽電子線に関する説明です。

選択肢4: ⚪︎

選択肢5: ×
γ線の遮蔽には1.5cmの鉛が必要です。


2015/09/01 11:06
ID : bvzqzwhdqj
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。