過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

65歳女性。咳と痰がひどいため近医を受診。
保険薬局で薬剤師が以下の処方せんを受け付け、お薬手帳を確認し処方監査を行った。
処方された薬剤及びお薬手帳に記載されていた薬剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
テオフィリンは、ホスホジエステラーゼを阻害し、気管支拡張作用を示す。
 2 . 
ブデソニドは、細胞膜に発現する特定の1回膜貫通型受容体に結合することで、炎症メディエーターの産生を抑制する。
 3 . 
アンブロキソールは、肺サーファクタン卜の産生を促進し、去疾作用を示す。
 4 . 
モンテルカストは、5-リポキシケナーゼを阻害することで、ロイコトリエンの産生を抑制する。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1、キサンチン系気管支拡張薬のテオフィリンはホスホジエステラーゼを阻害し、細胞内cAMP濃度を上昇させ、β刺激作用を示します。
β2刺激で気管支が拡張します。
よって、本選択肢は正しいです。

2、ステロイドは細胞内のステロイド受容体に作用し、抗炎症作用を示します。
「細胞膜に発現する」とある為、誤りとわかります。
(1回膜貫通型の受容体は、受容体様キナーゼでみられる構造です。)

3、去痰薬のアンブロキソールは肺サーファクタントの産生促進、気道分泌促進作用により、去痰作用を示します。
よって、本選択肢は正しいです。

4、モンテルカストはロイコトリエン受容体拮抗薬です。
ロイコトリエンの産生を抑制しているわけではないので、誤りです。

2014/11/18 23:35
ID : sbsbrdfeu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。