過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

40歳男性。心室頻拍・心室細動の既往歴がある。
内科診療所にて、ピロリ菌の除菌を行うこととなった。
また、同時に貧血があることを指摘され、除菌と同時に治療することとなり、以下の薬剤が処方された。

処方された薬剤の作用に関する記述として、いずれの薬剤にも該当しないのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
酸性条件下で、H+,K+-ATPaseを可逆的に阻害する。
 2 . 
細菌のリボソームに結合し、タンパク質合成を阻害する。
 3 . 
細菌のトランスペプチダーゼを阻害し、細胞壁合成を阻害する。
 4 . 
腸内細菌叢を正常化し、整腸作用を示す。
 5 . 
鉄欠乏性貧血患者において、血清鉄を増加させる。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

処方をざっと確認すると、以下のようになります。

ランソプラゾール・・・PPI
アモキシシリン・・・ペニシリン系抗菌薬(βラクタム)
クラリスロマイシン・・・マクロライド系抗菌薬
酪酸菌錠・・・酪酸菌製剤、乳酸菌と同じような作用
クエン酸第一鉄ナトリウム錠・・・鉄剤

1、PPI(プロトンポンプインヒビター)は、プロトンポンプ(H+,K+-ATPase)を不可逆的に阻害します。
(不可逆的に阻害する為、胃酸分泌阻害作用が長時間持続します)
「可逆的」と記載されている為、間違いです。

2、マクロライド系抗菌薬の作用機序です。クラリスロマイシンがこれに該当します。

3、βラクタム系抗菌薬の作用機序です。アモキシシリンがこれに該当します。

4、酪酸菌製剤の作用機序です。酪酸菌錠がこれに該当します。

5、鉄剤に関する記載です。クエン酸第一鉄ナトリウムがこれに該当します。

よって、回答は1となります。

2014/11/18 23:58
ID : sbsbrdfeu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。