薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16708問 出題

問題

37歳男性。食欲不振、消化不良の症状があった。
自らの判断で、六君子湯(ニンジン、ハンケ、ブクリョウ、ソウジュヅ、タイソウ、チンピ、カンゾウ、ショウキョウ)を購入し、服用していた。
しかし、下血を伴う下痢と腹痛を繰り返すようになり、近医を受診したところ、潰傷性大腸炎と診断され、以下の薬剤が処方された。
六君子湯の重大な副作用はどれか。2つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
間質性肺炎
 2 . 
偽アルドステロン症
 3 . 
血圧低下
 4 . 
ミオパシー

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
問題文に記載がある通り、六君子湯には甘草が含まれています。
甘草を含む漢方薬は偽アルドステロン症を起こす可能性があります。
また、偽アルドステロン症により低カリウムを起こし、その結果としてミオパチーを起こす可能性があります。

尚、間質性肺炎の原因となる漢方としては、小柴胡湯が有名です。
評価後のアイコン
2014/11/19 01:10
ID : sbsbrdfeu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:2.4

六君子湯にはカンゾウが含まれています。
カンゾウの主成分であるグリチルリチン酸の副作用として、偽アルドステロン症があります。これはグリチルリチン酸の糖質コルチコイド様作用によるもので、血圧上昇、低カリウム血症を引き起こします。
低カリウム血症になると、手足の痙攣や脱力感などを引き起こします。これをミオパシーと言います。
評価後のアイコン
2017/05/30 23:34
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。