過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

80歳女性。軽度のアルツハイマー型認知症と診断され、ドネペジル塩酸塩(5mg/日)で内服治療を続けてきた。
認知症が進行し、10mg/日に増量しても効果が認められなかった。
そのため医師より中等度から高度アルツハイマー型認知症の適応をもつ併用可能な薬剤の相談を受けた。

前問で推奨された成分の作用機序として、正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
脳エネルギー代謝の賦活
 2 . 
アセチルコリンエステラーゼの可逆的阻害
 3 . 
ニコチン性アセチルコリン受容体の刺激
 4 . 
グルタミン酸NMDA受容体の非競合的遮断
 5 . 
ブチリルコリンエステラーゼの可逆的阻害
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

(前問で推奨された成分はメマンチンです)
メマンチンの作用機序はグルタミン酸NMDA受容体の非競合的遮断によるものなので、回答は4となります。

グルタミン酸は興奮性神経伝達物質で、記憶の形成に関与しています。
アルツハイマー型認知症ではこのグルタミン酸が過剰に放出され、記憶形成のシグナルが適切に伝わらなくなってしまっています(シナプティックノイズ)。メマンチンはNMDA受容体を非競合的に遮断し、記憶形成のシグナルが適切に伝達されるようにすることで、認知症の症状を改善します。

2014/11/21 13:46
ID : sbsbrdfeu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。