薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16716問 出題

問題

30歳男性。会社内昇格人事で1年前に営業職のリーダーを命じられた。
リーダーとしての仕事に順応できず、ストレスを抱え、入眠困難、食欲低下が半年続いた。
今回かかりつけのクリニックを受診し、軽症のうつ病と診断された。
主治医より、治療薬について問い合わせがあった。

前問で推奨した成分の作用機序として正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
Na+チャネル遮断による神経興奮の抑制
 2 . 
Cl-チャネル遮断によるGABA作動性神経系の抑制
 3 . 
セロトニントランスポーター阻害によるセロトニン作動性神経系の活性化
 4 . 
ノルアドレナリントランスポーター阻害によるノルアドレナリン作動性神経系の活性化
 5 . 
シナプス前部のアドレナリンα2受容体遮断によるセロトニンとノルアドレナリンの放出促進

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
(前問で推奨した成分はパロキセチン、ミルタザピンです)
パロキセチンは選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI:Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)に分類される抗うつ薬です。
セロトニンのセロトニントランスポーターによる再取り込みを阻害し、結果的にシナプス間隙のセロトニン濃度を上昇させます。
よって、選択肢3がパロキセチンの作用機序にあてはまります。

ミルタザピンはノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(Noradrenergic and Specific Serotonergic Antidepressant:NaSSA)に分類される抗うつ薬です。
自己受容体であるα2受容体を阻害する事で、ノルアドレナリンの放出を促進させます。
また、セロトニン5-HT2と5-HT3受容体を阻害する事で、抗うつ効果に関連する5-HT1受容体の働きを強めます(5-HT2と5-HT3が塞がっているので、セロトニンは5-HT1受容体に結合しやすくなる)。
よって、選択肢5がミルタザピンの作用機序にあてはまります。
評価後のアイコン
2014/11/21 14:29
ID : sbsbrdfeu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:3.5

パロキセチンはSSRIに分類される抗うつ薬です。
セロトニン神経の前シナプス末端において、セロトニントランスポーターを選択的に阻害します。

ミルタザピンはNaSSAに分類される抗うつ薬です。
α2アドレナリン自己受容体とヘテロ受容体拮抗作用を示します。
評価後のアイコン
2017/06/01 02:12
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。