過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

68歳男性。10年前より、糖尿病の治療を継続中である。
定期検診時に随時尿の尿中アルブミン/クレアチニン比が 350 mg/g であった。
本日の診察時の血圧は 150 / 95 mmHg であり、高血圧治療のためロサルタンカリウム錠 25 mg が追加となった。

この患者にロサルタンカリウム錠が追加された理由及びその使用上の留意点について誤っているのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
腎動脈狭窄のある患者へも安全に使用することができる。
 2 . 
タンパク尿を伴う2型糖尿病の糖尿病性腎症に適応がある。
 3 . 
血清カリウム値を確認する必要がある。
 4 . 
血清クレアチニン値の経過を確認する必要がある。
 5 . 
血糖値が上昇する可能性がある。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

尿中アルブミン/クレアチニン比は腎機能に関する検査で、主に糖尿病性腎症の早期発見に用いられています。この患者さんは350 mg/gと高値であり、10年前より糖尿病の治療をしているので、糖尿病性腎症が考えられます。

1、誤りです。
腎動脈狭窄のある患者では、アンジオテンシンIIが輸出細動脈を収縮させ、糸球体ろ過圧を高める事で腎のGFR(糸球体ろ過量)を保持しています。
そこにアンジオテンシンII受容体拮抗薬であるロサルタンを投与すると輸出細動脈が拡張する為、糸球体ろ過圧が低下し、急速に腎機能を悪化させる事があります。
そのため、本選択肢は誤りとなります。

2、正しいです。
輸出細動脈を拡張し、糸球体内圧を低下させることで、腎保護作用があらわれます。
(但し、前選択肢で説明したように、腎動脈狭窄がある場合は糸球体ろ過圧が下がりすぎ、GFRの低下を起こすことがある為、注意が必要です)

3、正しいです。
ロサルタンはアンジオテンシンII受容体拮抗作用により、アルドステロンの分泌を阻害します。
アルドステロンはナトリウム再吸収、カリウム排泄の作用をもっており、アルドステロンの分泌が低下することでカリウム排泄も低下、その結果高カリウム血症を引き起こす事があります。
カリウム値には注意が必要なので、本選択肢は正しいです。

4、正しいです。
ロサルタンは腎保護作用を示しますが、糸球体ろ過圧が下がりすぎて、急速に腎障害が進展する場合があります。
腎機能の指標であるクレアチニン値の経過には注意が必要です。
(臨床上、ロサルタンは腎機能が悪化しすぎる前に投与する必要があります。腎機能がかなり低下した状態で投与すると、GFRが一気に低下することがあります)

5、誤りです。
ロサルタンは血糖を下げる事があり、特に糖尿病治療中の患者さんに出やすいです。
血糖を下げる為、本選択肢は誤りです。

2014/11/21 15:40
ID : sbsbrdfeu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。