薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16718問 出題

問題

68歳男性。10年前より、糖尿病の治療を継続中である。
定期検診時に随時尿の尿中アルブミン/クレアチニン比が 350 mg/g であった。
本日の診察時の血圧は 150 / 95 mmHg であり、高血圧治療のためロサルタンカリウム錠 25 mg が追加となった。

ロサルタンに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
主代謝物(カルボン酸体)もアンギオテンシンⅡAT1受容体を遮断する。
 2 . 
アルドステロンの産生を促進する。
 3 . 
腎の輸出細動脈を拡張させて、糸球体内圧を低下させる。
 4 . 
グルカゴンの分泌を促進する。
 5 . 
ブラジキニン分解酵素(キニナーゼⅡ)を阻害する。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:1.3

ロサルタンはアンジオテンシンⅡAT1受容体を遮断し、高圧作用を示します。
また、腎輸出細動脈を拡張させる働きと糸球体内圧を低下させる働きがあるので、腎保護作用も有します。
評価後のアイコン
2017/06/02 04:08
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1、正しいです。
ロサルタンと、ロサルタンの主代謝物は共に、アンジオテンシンⅡ受容体のサブタイプのうちAT1受容体を遮断します。

2、誤りです。
レニンーアンジオテンシン系を抑制する為、アルドステロンの産生を抑制します。

3、正しいです。
ロサルタンの腎保護作用に関する作用機序です。

4、誤りです。
グルカゴンに対する作用はわかっていません。
また、グルカゴンは血糖を上昇させますが、ロサルタンは血糖を低下させることがあります。

5、誤りです。
ACE阻害薬の作用機序です。
評価後のアイコン
2014/11/21 15:50
ID : sbsbrdfeu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。