薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16721問 出題

問題

60歳男性。肺がん治療のため、シスプラチンとエトポシドの併用療法と放射線治療を行う予定である。
主治医より制吐薬に関する問い合わせがあった。
薬剤師としての回答内容について、誤っているのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
放射線照射に伴う悪心・嘔吐にはグラニセトロンが有効である。
 2 . 
急性悪心・嘔吐にはグラニセトロンが有効である。
 3 . 
遅発性悪心・嘔吐にはアプレピタントが有効である。
 4 . 
予測性の悪心・嘔吐にはロラゼパムが有効である。
 5 . 
グラニセトロンとアプレピタントは併用できない。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:5

1 グラニセトロンは5-HT3受容体拮抗薬であり、放射線照射による消化器症状に有効です。

2 グラニセトロンは、抗悪性腫瘍剤による急性悪心・嘔吐に有効です。

3 アプレピタントは、CTZのNK1受容体を選択的に遮断して、嘔吐を抑制します。抗悪性腫瘍薬投与に伴う遅発期を含む消化器症状に適応を持ちます。

4 ロラゼパムはベンソジアゼピン系抗不安薬ですが、予測性の悪心・嘔吐にも有効です。

5 5-HT3拮抗薬、糖質コルチコイド薬、アプレピタントの3剤を併用する制吐療法があります。
評価後のアイコン
2017/06/02 04:35
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
抗がん治療の吐き気には、24時間以内におきる急性、24時間以降におきる遅発性、以前に嘔吐した経験からおきる予測性の3種があります。

急性にはセロトニンが強く関連しているとされ、5-HT3拮抗薬が用いられます。
遅発性はタキニンの1種であるサブスタンスPが中枢にあるNK1受容体に結合するとおきるとされ、NK1受容体拮抗薬のアプレピタントが用いられます。(アプレピタントは急性にも用いられます)
予測性には抗不安薬が用いられます。

1、正しいです。
グラニセトロンは5-HT3受容体拮抗薬であり、急性の吐き気に用いられます。

2、正しいです。
急性悪心にグラニセトロンは有効です。

3、正しいです。
遅発性悪心にアプレピタントは用いられます。

4、正しいです。
予測性嘔吐にはベンゾジアゼピン系抗不安薬のロラゼパムは有効です。

5、誤りです。
併用可能です。臨床上、5-HT3拮抗薬、アプレピタント、ステロイドの3剤併用も行われます。
評価後のアイコン
2014/11/25 23:31
ID : sbsbrdfeu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。