過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

60歳男性。肺がん治療のため、シスプラチンとエトポシドの併用療法と放射線治療を行う予定である。
主治医より制吐薬に関する問い合わせがあった。
薬剤師としての回答内容について、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
放射線照射に伴う悪心・嘔吐にはグラニセトロンが有効である。
 2 . 
急性悪心・嘔吐にはグラニセトロンが有効である。
 3 . 
遅発性悪心・嘔吐にはアプレピタントが有効である。
 4 . 
予測性の悪心・嘔吐にはロラゼパムが有効である。
 5 . 
グラニセトロンとアプレピタントは併用できない。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

抗がん治療の吐き気には、24時間以内におきる急性、24時間以降におきる遅発性、以前に嘔吐した経験からおきる予測性の3種があります。

急性にはセロトニンが強く関連しているとされ、5-HT3拮抗薬が用いられます。
遅発性はタキニンの1種であるサブスタンスPが中枢にあるNK1受容体に結合するとおきるとされ、NK1受容体拮抗薬のアプレピタントが用いられます。(アプレピタントは急性にも用いられます)
予測性には抗不安薬が用いられます。

1、正しいです。
グラニセトロンは5-HT3受容体拮抗薬であり、急性の吐き気に用いられます。

2、正しいです。
急性悪心にグラニセトロンは有効です。

3、正しいです。
遅発性悪心にアプレピタントは用いられます。

4、正しいです。
予測性嘔吐にはベンゾジアゼピン系抗不安薬のロラゼパムは有効です。

5、誤りです。
併用可能です。臨床上、5-HT3拮抗薬、アプレピタント、ステロイドの3剤併用も行われます。

2014/11/25 23:31
ID : sbsbrdfeu
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。