薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16723問 出題

問題

40歳男性。薬局で下記の成分を含有する一般用医薬品を購入した。
この一般用医薬品の主な効能・効果として適切なのはどれか。1つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
胃酸過多、胸やけ、胃部不快感、胃痛
 2 . 
下痢、軟便
 3 . 
かぜの諸症状(のどの痛み、鼻水、鼻づまり、くしゃみなど)の緩和
 4 . 
急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による諸症状の緩和
 5 . 
慢性便秘、常習性便秘
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:1

配合されている成分は以下の作用を持ちます。

●メチルメチオニンスルホニウムクロライド
→キャベツの絞り汁から発見された成分で、胃粘膜血流増加、粘液分泌増加、粘膜保護作用があります。

●水酸化アルミニウム・炭酸水素ナトリウム共沈物
→胃酸を中和する制酸製剤です。

●酸化マグネシウム
→胃酸を中和する制酸製剤です。制酸剤として用いる場合は、一日0.5g~1.0g、緩下剤として用いる場合は、一日2gを目安に使います。

●ロートエキス散
→抗コリン作用により、胃液分泌抑制、胃・腸管運動の亢進抑制作用を有します。軽度の局所麻酔作用も持ちます。

●ウイキョウ、ショウキョウ、チョウジ
→いずれも芳香性健胃薬です。

●ビオヂアスターゼ2000
→消化剤で、主としてでんぷん、タンパク、繊維素の消化力を持ちます。

よって答えは1となります。
評価後のアイコン
2017/06/02 21:51
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
配合されている成分は以下のような薬効を持ちます

メチルメチオニンスルホニウムクロライド・・・胃粘膜防御因子増強
水酸化アルミニウム・炭酸水素ナトリウム共沈物・・・胃粘膜防御因子増強
酸化マグネシウム・・・制酸
ロートエキス・・・アトロピンを主成分とするロートコンのエキス。抗コリン作用による鎮痙作用。
ウイキョウ・・・芳香健胃生薬
ショウキョウ・・・芳香健胃生薬
チョウジ・・・芳香健胃生薬
ビオヂアスターゼ・・・消化酵素

よって回答は1となります。
(全ての成分の薬効がわからなくても、数種類だけわかれば他の選択肢は誤りだとわかります)
評価後のアイコン
2014/11/25 23:45
ID : sbsbrdfeu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。