薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16726問 出題

問題

32歳女性。消化器外来に通院中。数日前からじん麻疹を発症し、抗アレルギー薬が追加処方されることになった。
担当医師から薬剤師に対して、「患者がなるべく眠くならない薬剤を希望しているが、推奨できるものは何か」と問い合わせがあった。

図は薬物の血液脳関門透過速度と、1-オクタノール/水分配係数の関係を示したものである。
前問で選択した薬物について、正しい記述はどれか。1つ選べ。

ただし、B群の薬物においては、血液脳関門透過速度と分子量で補正した分配係数との間に図に示す直線関係がみられている。
問題文の画像
 1 . 
アミノ酸やグルコースなどの栄養物質と同様にA群に属する。
 2 . 
B群に属し、血液脳関門透過はpH分配仮説に従う。
 3 . 
B群に属し、脳内への移行にトランスポーターが関与している。
 4 . 
レボドパやバクロフェンと同様にC群に属する。
 5 . 
C群に属し、P-糖タンパク質によって脳内への移行が妨げられる。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
(前問で選択した薬剤はフェキソフェナジンです)

眠気の副作用は薬物が中枢に移行することでおきます。
血液脳関門の通過速度が一番遅いのはC群の薬物です。

フェキソフェナジンはP-糖タンパク質によって脳内移行が妨げられ、副作用の眠気が生じにくくなっています。

よって解答は5となります

(フェキソフェナジンにP-糖タンパク質が関与していると知らなくても、「レボドパは血液脳関門を通過する=C群の薬物ではない」、とわかれば、消去法で解答できます)
評価後のアイコン
2014/11/26 00:06
ID : sbsbrdfeu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:5  

A群は促進拡散、能動輸送される薬物が該当します。
B群は単純拡散される薬物が該当します。
C群はP-糖タンパク質による輸送が関与する薬物が該当します。

フェキソフェナジンは、P-糖タンパク質によって中枢から血中に薬物の汲み出しが行われているために、眠気の副作用が出にくいと言われています。
評価後のアイコン
2017/06/04 02:22
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。