薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16739問 出題

問題

55歳男性。
体重67kg。C型‘慢性肝炎の治療のため、以下の薬剤が処方された。

下記処方に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
ウイルス陰性化率は、ウイルスの遺伝子型の影響を受ける。
 2 . 
リバビリンは、単剤で強い抗ウイルス効果を示す。
 3 . 
B型慢性肝炎にも著効を示す。
 4 . 
主な副作用として発熱がある。
 5 . 
葛根湯は併用禁忌である。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
選択肢1:○

選択肢2:×
リバビリンは、インターフェロンとの併用で効果を発揮する抗ウィルス薬です。

選択肢3:×
リバビリンを併用するインターフェロン療法は、B型肝炎には適応がありません。

選択肢4:○

選択肢5:×
葛根湯ではなく、小柴胡湯が併用禁忌です。
評価後のアイコン
2015/09/28 12:52
ID : bvzqzwhdqj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:1.4

1 C型肝炎ウイルスは持っている遺伝子の違いにより、1a、1b、2a、2bなどに分類されます。
よって陰性化率は遺伝子の影響を受けます。

2 リバビリンは単独投与は無効です。ペグインターフェロンα-2b又はインターフェロンβと併用して用います。

3 リバビリンはC型肝炎に適応を持ちます。

4 リバビリンの副作用として、発熱、頭痛、筋肉痛、全身倦怠感などがあります。

5 併用禁忌なのは小柴胡湯です。副作用である間質性肺炎のリスクが高まるためです。
評価後のアイコン
2017/06/05 03:07
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。