過去問.com
過去問.com  >   薬剤師 過去問  >   過去問題 一覧  >   薬剤師 過去問 第99回 一覧  >   薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務) 問題16740
問題

薬剤師 過去問
薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務) 問題16740

55歳男性。
体重67kg。C型‘慢性肝炎の治療のため、以下の薬剤が処方された。

ペグインターフェロンアルファ-2bは、インターフェロンアルファー2bにメトキシポリエチレングリコールを結合させたものである。
この結合の目的として、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
水溶性の向上
 2 . 
抗原性の低下
 3 . 
タンパク質分解酵素に対する安定性の向上
 4 . 
肝臓への標的指向化
 5 . 
糸球体ろ過の抑制
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:4

メトキシポリエチレングリコールを結合させることをPEG化と言いますが、これにより生体内での滞留時間が長くなります。
またPEG化により以下のような効果があります。

①水溶性を高める
②分子量増大により腎排泄の抑制する
③親水性を高める
④タンパク質分解酵素による分解の抑制
⑤抗原性の低下

以上よりPEG化の目的は肝臓への標的指向化ではありません。

2017/06/05 03:15
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

ポリエチレングリコールを結合させることをPEG化と言います。
水溶性の向上・血中濃度の維持・抗原性の低下・タンパク質分解酵素に対する安定性の向上などを目的としており、肝臓への標的指向化という目的ではありません。
従って、選択肢4が誤りとなります。

2015/09/28 15:18
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。