過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

薬剤師の過去問「第16741問」を出題

問題

65歳男性。
血液透析が施行されており、以下の薬剤を処方されていた。

上記処方に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
問題文の画像
 1 . 
カルタン錠は、血中リン濃度を上昇させる目的で処方された。
 2 . 
今回の処方変更は、血中カルシウム濃度が高値を示しているためである。
 3 . 
セベラマー塩酸塩錠は、経口投与されたカルシウムの吸収を促進させる。
 4 . 
セベラマー塩酸塩錠は、血中リンの排泄を促進する薬剤である。
 5 . 
セベラマー塩酸塩錠の重大な副作用として、腸管穿孔や腸閉塞がある。
( 薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務) )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:2.5

1 カルタン錠カルシウム系のリン吸着剤です。血中リン濃度を低下させます。

2 血中カルシウム濃度の正常値は8.5~10.5mg/dLです。この患者はややカルシウム濃度が高値を示しているためカルシウムを含まないセベラマー塩酸塩に変更されたと考えられます。

3 セベラマー塩酸塩はリンと吸着することでリンの吸収を抑制します。

4 セベラマー塩酸塩はリンと吸着することでリンの吸収を抑制するもので、排泄を促進する薬剤ではありません。

5 セベラマー塩酸塩錠の重大な副作用として、腸管穿孔や腸閉塞などがあります。
評価後のアイコン
2017/06/05 03:22
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
選択肢1:×
カルタン錠はリン吸着薬であり、血中リン濃度を下げるために処方されます。

選択肢2:○

選択肢3:×
セベラマー塩酸塩はカルシウムの吸収を促進させるという働きはありません。

選択肢4:×
セベラマー塩酸塩は食物から遊離したリンを吸着し、リンの体内への吸収を抑制します。
リン排泄を促進する薬ではありません。

選択肢5:○
評価後のアイコン
2015/09/28 15:43
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。